必ず見てください!保育士が気をつけるべき3つのマナー!

子ども達のお手本として家族以外で最も近しい大人、保育士。

毎日子ども達と朝から日が暮れるまで共に過ごしますから、子ども達はとても保育士のことを見ています。

また、保護者や同僚も、それぞれ見ているということを頭に入れておきたいですね。

きちんとマナーをわきまえているか、社会人としてふさわしいかなど、自分が思っている以上に注目されていることを意識しておきましょうね。

今回はそんな保育士が気を付けるべきマナーをご紹介します!

清潔感を大切に

人は見た目が大事とよく言いますが、特に保育士をという仕事は非常に重要です。

特に清潔感は大切で、だらしないところがあれば悪目立ちしてしまいます。

大切な我が子はやはりさわやかで表情も豊かな保育士に預かってほしいと思うのが保護者の本音でしょう。

服装や髪形、化粧や爪など、常に清潔を心がけましょう。

清潔感があるだけで、周りの接し方も大きく変わってきますよ。

言葉遣いは正しく

保育士は子どもにとってとても身近なお手本となる大人です。

ここ近年では「やばい」「うける」「まじ」など、脚色された日本語が当たり前になってきています。

おそらく、普段はこういった言葉を無意識のうちにつかう保育士も多いのではないでしょうか。

やはり保育士というのは、子ども達に積極的につかってほしい美しい日本語を発信していくのが好ましいかと思います。

日頃から意識して、言葉遣いには気を付けましょう。

また、保護者の前でも丁寧な正しい言葉遣いで接するようにしましょう。

言葉がきれいだと好感が持てます。

社会人としての常識を持つ

元気で気持ちが良い挨拶や、時間厳守など、最低限の社会人としてのマナーを必ず守りましょう。

保育士に限らず、社会人なら出来ていなければ周りから不信感を買ってしまいます。

子どもの情報や保護者とのやり取りなど、報告と相談も早めにするようにしましょう。

周りとスムーズに連携が取れている保育士は、信頼も厚く好感が持てることが多いです。

まとめ

保育士として気を付けるマナーは、清潔感・言葉遣い・社会人としての常識の3つがあります。

どれも子どもや保護者と接する上でとても重要なものばかりです。

これらが欠けてしまうと、不信感をかってしまうものですから、この3つは常に意識して仕事をすることをおすすめします。

日頃から意識してそれを継続することによって、気を付けることが習慣になります。

社会人としての自覚を持ち、周りが気持ちよくなるような関わりをしていきたいですね。

保育ライター:うさママ
・元幼稚園教諭。現在は保育関係のライターとして活動中。2児の母。5年間保育園、7年間幼稚園で働いた経験あり。
保育や子育ての知識に自信あり。現在子育てで保育士は休業中。
・お仕事/保育ライター 趣味/子育て 最近気になる事/オートミール

関連記事

  1. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士がこっそり教える!「赤ちゃんがえり」した子供を保育する際の4つのポイント!

    お母さんが、二人目を妊娠したり、生まれたりすると上の子どもは赤ちゃん返…

  2. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士が教える!春・夏・秋・冬のイベントと季節による保育のポイントまとめ!

    子どもに季節を感じさせることを大切なことです。季節を五感で感じることで…

  3. 保育士に役立つ情報

    新人保育士は必ず見てください!保護者への連絡帳を描く際の3つの大切な事!

    保育士は子どもと楽しく毎日を過ごす中で、一人ひとりの成長をしっかりと見…

  4. 保育士に役立つ情報

    【厳選!】簡単に子供の心をつかむ4つの方法を紹介!

    子ども達に「楽しい先生」と感じてもらうことが、仲良くなれる第一歩だった…

  5. 保育士に役立つ情報

    保育士をやっていてよかった!と思った時トップ3をランキングで紹介します!

    保育士不足や待機児童問題で、大変な面も報道されることが増えている保育士…

おすすめ壁面飾り

保育の人気記事

介護の人気記事

かんたん!カテゴリ検索

人気ブログランキングに参加中!

PAGE TOP