ベテラン保育士が教える!子どもをほめる時の3つのポイント!

保育士として毎日子どもと接していると、本当にいろいろなことが起こります。

ちょっとした成長や、子ども同士のケンカの仲裁、自立のための援助など、あわただしく過ぎる一日の中で、子ども達とたくさんの言葉を交わしているでしょう。

そんな子ども達への言葉がけの中でも、特に子ども達の心に響くのは「ほめる」言葉でしょう。

その褒め方にも、いろいろなやり方があります。若手保育士必見、ほめる時のポイントをご紹介します!

どんなことが良かったのかわかりやすくほめる

子どもはほめられるのが大好きです。保育士に認められることは園生活の中でも大きな自信と喜びになっていきます。

子どもにわかりやすく、簡潔ながらも具体的にほめることが大切です。例えば作ったものを「上手にできたね」というだけだと、すごく抽象的ですよね。

「ここがとってもきれいで上手だね」「こんなにたくさん色を使うと素敵だね」など、具体的にほめることで子どもも自信がついていきます。

赤ちゃんにも笑顔で伝わる

幼児はもちろん、まだ会話が成り立たない赤ちゃんにもほめることはきちんと伝わっています。

保育士が心からの笑顔でほめることで、赤ちゃんも喜び嬉しくなる、という経験を繰り返してほめられている、という事を理解していくのです。

頭をなでる、手をタッチする、など、子どもが嬉しくなることをほめると同時にすることで、より嬉しい気持ちになる子どもも多いです。

魔法の言葉「かっこいい」

幼児にとって「かっこいい」という言葉はまさに魔法の言葉です。

年長ほどの年齢までなら、かっこいいが伝わります。子どもは「かっこいい」と褒められるのが大好きです。様々な場面でかっこいいを使ってあげましょう。

友だちに優しくできたとき、順番を守れた時、すすんでお手伝いしてくれた時、長い間集中して活動に取り組んだ時など、本当にどんな些細なことでもいいのです。

かっこいいと声をかけられると、自信が生まれ次へ繋がります。

まとめ

子ども達との生活の中で、「ほめる」ということは保育に欠かせないものです。

ほめることで、子ども達は自信や次への意欲が増していきます。子どもがほめられていると瞬時に理解するためにも、具体的にいいところを褒めてあげるのが大切です。

また、目を合わせて笑顔でほめてあげてください。そうすることで、赤ちゃんから幼児まで、ほめられていると伝わります。

あと子どもにとって「かっこいい」は大好きな言葉です。様々な場面で声をかけて褒め、子ども達にたくさん満足感や自信を与えてあげて下さいね。

 

保育ライター:うさママ
・元幼稚園教諭。現在は保育関係のライターとして活動中。2児の母。5年間保育園、7年間幼稚園で働いた経験あり。
保育や子育ての知識に自信あり。現在子育てで保育士は休業中。
・お仕事/保育ライター 趣味/子育て 最近気になる事/オートミール

関連記事

  1. 保育士に役立つ情報

    【厳選!】人間関係に疲れた保育士におすすめの書籍4選!

    保育士は常に人と関わるお仕事です。ですので、人間関係に疲れてしまうこと…

  2. 保育士に役立つ情報

    【新人保育士必見!】ベテラン保育士が教える子供と接する時に大切な3つのポイント!

    普段の保育の中で、子ども一人一人の個性の違いを実感している保育士は多い…

  3. 保育士に役立つ情報

    【男性保育士必見!】女性保育士と良好な関係を築くための3つのポイント!

    かつて保育士は「保母さん」と呼ばれていたことがあるように、女性のイメー…

  4. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士が教える同僚とチームワークを強くするための4つのコツ!

    保育を毎日行うには、準備などはもちろん他にも重要なことがあります。それ…

  5. 保育士に役立つ情報

    保育士になりたい!現役保育士が教える保育士試験合格のための5つのポイント!

    自分で勉強して保育士になるためには、保育士試験に合格しなければいけませ…

おすすめ壁面飾り

保育の人気記事

介護の人気記事

かんたん!カテゴリ検索

人気ブログランキングに参加中!

PAGE TOP