新人保育士必見!子どもたちと楽しく運動遊びする際に大切な4つのポイント!

子どもたちはたくさん体を動かして遊ぶのが大好きです。保育のなかでも、体を動かす運動の時間は、子ども達も大好きな時間でしょう。

保育士は、この時間をより楽しく充実したものにしていきたいですよね。怪我なく楽しく遊ぶためには、いくつかポイントがあります。特に新人さんはぜひご覧ください!

体を動かす=すべて運動!

運動遊びというと、ボールなど道具を使うものや、ルールがしっかりあるものをイメージすることが多いと思いますが、運動は子どもにとっての遊びほぼすべてを指します。

歩く、走る、回る、スキップする、ジャンプする、手を振る、などちょっとしたことがすべて運動になります。大人も体を動かすと、ストレス発散にもなり心身ともにすっきりしませんか?

子どもも同じで適度に体を動かすことで楽しみながら発散し、体力を養っているのです。まずは子どもにとっては遊びが運動に繋がっているということを頭に入れておきましょう。

保育士も共に楽しむ

園庭やお遊戯室でたくさん走ったり、体を動かしている子ども達は、本当に生き生きしています。汗を流しながら走る子も多いでしょう。

保育士も、時にはそんな子ども達の輪の中に入って一緒に楽しみましょう。「先生と一緒に遊んだ!」という経験が、より子ども達の心に楽しかったと残り、次への意欲にも繋がります。

運動遊びは社会性も養う

鬼ごっこひとつでも、友だちとのやりとりやルールをみんなで守ること、我慢や順番など、たくさんの社会性を、運動遊びを通して養っていきます。

体だけではなく、心も成長も大きく促してくれる運動遊びは、幼児期にはなくてはならないものです。運動遊びは心身ともにコントロールして友だちと遊び、言葉や力の加減を学んでいきます。

保育士はそういった子ども同士のやりとりも見守り、解決が難しそうな時はそっと援助してあげましょう。年長くらいになると、子ども同士でトラブルも解決できるようになっていきます。

少し頑張る環境を用意する

年齢や個人によって運動遊びの得意不得意は大きく分かれます。そんな中で、少しチャレンジしたら達成できそうな遊びを用意してあげると、子ども達はとても喜びます。

難しすぎるものを用意してしまうと、意欲が出なくなってしまうので加減をしてあげてくださいね。

まとめ

幼児期にはなくてはならないのが運動遊びです。心身ともにリフレッシュするだけでなく、社会性なども身につけていく大切な遊びです。

保育士が年齢に合った環境を用意してあげることで、子ども達のやる気にも繋がります。また、保育士自身が楽しむのも子ども達にとって嬉しい刺激になります。

ぜひ、心身ともに発達を促す楽しい運動遊びを子どもと一緒に楽しんでくださいね。

 

保育ライター:うさママ
・元幼稚園教諭。現在は保育関係のライターとして活動中。2児の母。5年間保育園、7年間幼稚園で働いた経験あり。
保育や子育ての知識に自信あり。現在子育てで保育士は休業中。
・お仕事/保育ライター 趣味/子育て 最近気になる事/オートミール

関連記事

  1. 保育士に役立つ情報

    【私の年収低すぎ!?】保育士の給料事情と今後の動向

    待機児童がまだまだいる現在。保育士の待遇が悪く、保育士不足もその一つの…

  2. 保育士に役立つ情報

    【必読!】ベテラン保育士が教える1・2歳児の子供を保育する際の3つの注意点!

    保育施設には、だいたい0~5歳児までが入所しています。年齢ごと…

  3. 保育士に役立つ情報

    【必読!】ベテラン保育士が教える3・4・5歳児の子供を保育する際の2つの注意点!

    毎日子ども達とたくさん遊び、一緒に生活する中で保育士もいろんな楽しさや…

  4. 保育士に役立つ情報

    【必読!】保育士が覚えておかなければいけない「食育」に関する3つの事

    毎日の保育の中で、子ども達は沢山の経験をして成長していきます。保護者や…

  5. 保育士に役立つ情報

    【人間関係】新人保育士が遭遇する3タイプの上司とその対処法!

    誰にだって苦手と思う人はいるものです。なるべくなら関わりたくないと思っ…

  6. 保育士に役立つ情報

    【新人保育士必見!】1歳3か月~2歳未満の子供の特徴と保育のポイントをまとめました!

    今回は、あかちゃんらしさがなくなり、幼児になっていくこの時期。この時期…

おすすめ壁面飾り

保育の人気記事

介護の人気記事

かんたん!カテゴリ検索

人気ブログランキングに参加中!

PAGE TOP