新人保育士は必ず見てください!保護者への連絡帳を描く際の3つの大切な事!

保育士は子どもと楽しく毎日を過ごす中で、一人ひとりの成長をしっかりと見ています。その子のいいところや課題を見つめ、保護者と連携をとり成長を見守っています。

そんな保護者とのやりとりは、直接話したり電話などの方法がありますが、多いのは連絡帳でのやりとりになります。
実は、保育士の中で連絡帳の記入が苦手という人は結構多いです…!

今回はそんな連絡帳を書くときの大切なことを紹介します。ぜひご覧ください!

保護者からの連絡には必ず返事をする

連絡帳には子どもの大切な情報が詰まっています。保護者も、気になることや連絡事項を書いていますから、保育士の返事を待っています。

連絡帳で保護者からなにか記入があれば、必ず返事をするようにしましょう。そして、次の日には連絡帳に返事を書いて子どもに私、保護者の手元に渡るようにしましょう。

返事がないというのは、保護者との信頼関係に大きく関わります。

簡潔に書くこと

子どもの様子を伝えるときには、簡潔にわかりやすく記入するようにしましょう。だらだら長く書くと、内容が伝わりにくく、保護者からすると読みにくいです。

これは保護者にぜひ知ってほしい!と思った子どもの様子を1~2行でまとめて書けると、読みやすくていいですね。

また、お願い事を書くには、具体的に期限などもしっかり書きましょう。

例えば「今日お茶をこぼしてTシャツを着替えました。明日Tシャツの着替えを持たせて下さい」など、いつまでに、何をどうするかを書くと伝わりやすいです。

プラスのことをたくさん書いてあげよう

連絡帳というのは、保護者にとっては一生手元に残る大切な思い出になります。

先生と交換日記をしたような気持ちになる保護者が多く、子どもが大きくなっても捨てられないという人が多くいます。

そんな連絡帳ですから、なるべく子どものいいところや成長したところをたくさん書いてあげて下さい。課題や子ども同士のトラブルは、なるべく直接会って話すか電話で伝えるようにして、連絡帳には残らないようにしたりと配慮するといいでしょう。

まとめ

保護者との連絡帳のやりとりは、卒園までたくさんあります。

まずは保護者からの連絡には必ず返事をしましょう。返事がないのは、保護者はとても不信感を抱きます。また、わかりやすく簡潔に子どもの様子を記入することで、保護者に伝わりやすくなります。

連絡帳は大切な思い出の一冊になります。ずっと残ることも配慮し、たくさんいいことを書いてあげて下さいね!

 

保育ライター:うさママ
・元幼稚園教諭。現在は保育関係のライターとして活動中。2児の母。5年間保育園、7年間幼稚園で働いた経験あり。
保育や子育ての知識に自信あり。現在子育てで保育士は休業中。
・お仕事/保育ライター 趣味/子育て 最近気になる事/オートミール

関連記事

  1. 保育士に役立つ情報

    時間が無い!と感じている保育士さん必見の時間節約術4選!

    保育士の仕事は子どもと遊ぶだけと思われていることも多いですが、そのほか…

  2. 保育士に役立つ情報

    【実録!】私や周りの保育士が遭遇したモンスターペアレント!

    親は、自分の子どもがかわいくてとても大切です。ゆえに、周りが見えなくな…

  3. 保育士に役立つ情報

    子どもが泣いちゃった…!ベテラン保育士が教える子どものあやし方5選!

    保育士はもちろん、子育て中のママも、外出先や人が集まる場などの自宅以外…

  4. 保育士に役立つ情報

    プロがこっそり教える!パネルシアターを早くきれいに作るための4つのポイント!

    保育士は毎日様々な業務があります。子ども達が帰ってからしか自分の仕…

  5. 保育士に役立つ情報

    ピアノが苦手な保育士さんに朗報!ベテラン保育士がピアノを乗り切る4つのポイントを教えます!

    子どもとの毎日の中で、保育士は様々なことを教えていきます。時には、毎日…

おすすめ壁面飾り

保育の人気記事

介護の人気記事

かんたん!カテゴリ検索

人気ブログランキングに参加中!

PAGE TOP