子どもが泣いちゃった…!ベテラン保育士が教える子どものあやし方5選!

保育士はもちろん、子育て中のママも、外出先や人が集まる場などの自宅以外で子どもが泣き出してしまいハラハラした経験はありませんか?

おそらく、ほとんどの人が対応などにも困ったことがあるでしょう。大人があわてればあわてる程子どもは泣き止まず、大変な思いをすることが不思議と多いものです。

今回は、そんな経験のある方必見!ベテラン保育士さんが使うあやし方を紹介します。

歌をうたう

子どもは、大人の優しい歌声が大好きです。子守唄で眠る子も多いと思いますが、やさしい声の歌声は、子どもを安心させて楽しい気持ちにさせる効果があるといわれています。

歌を聴くと気持ちが切り替わり、泣き止むことも多いです。メリーや音楽をかけるのも同様で泣き止むことが多いですが、実際の歌声は信頼関係を築いていくにもとても良いといわれています。

息を吹きかける

風を感じるのが気持ちいいと感じる子は多く、泣いていても顔に息を「ふーっ」と吹きかけることで驚き、泣き止むことがあります。

夏場なら扇風機の風を当ててあげると泣き止む子もいます。窓を開けてふんわり風を当ててあげるのも効果的です。

共感する

なぜ泣いているのか、子どもの代わりに気持ちを言葉にしてあげることで泣き止むことがあります。特に言葉が理解できてくる1歳過ぎあたりから効果があります。

「ママに会いたいんだね」「ぶつかって痛かったね」「取られて悔しかったね」「さびしい気持ちになったんだね」など、気持ちを共感すると、わかってもらえなという安心感が生まれて涙が止まります。

抱っことおんぶ

体を密着させると子どもは安心します。特にさびしいときや不安なときは、大人のぬくもりに包まれることで泣き止むことが多いです。

特におんぶは、子どもの胸やおなかが密着し、程よい揺れもあって泣き止むことがとても多く、未満児がいる保育施設ではおんぶ紐を常備している保育施設も少なくありません。

しばらく様子を見る

年齢が大きければ、泣いたまましばらく少し離れたところから泣き止むまで様子を見るのもひとつの手段です。

会話が成り立つようになると、自我も強まるので理由が明確なことから、あやすだけでは泣き止まないことが増えるからです。

周りの状況を見て様子を見ても大丈夫そうなら、すこしそっとしておくと我に返り泣き止むこともあるでしょう。

まとめ

子どもと関わる上で、泣き出してあやすという機会は必ずあります。いくつかあやす方法を頭に入れておけば、どれか泣き止む手段が見つかるかもしれません。

もちろん、泣いている理由によってはあやしても泣き止まないことも出てくるかと思いますが、納得したり安心することで泣き止むことが多いです。子どもたちと信頼関係を築き、気持ちを受け止めてあやしてあげてくださいね。

 

保育ライター:うさママ
・元幼稚園教諭。現在は保育関係のライターとして活動中。2児の母。5年間保育園、7年間幼稚園で働いた経験あり。
保育や子育ての知識に自信あり。現在子育てで保育士は休業中。
・お仕事/保育ライター 趣味/子育て 最近気になる事/オートミール

関連記事

  1. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士が教えるスケジュール管理の3つのポイント!

    保育士として仕事をしていく上で、他の先生たちとの連携や保育予定などを管…

  2. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士が教える同僚とチームワークを強くするための4つのコツ!

    保育を毎日行うには、準備などはもちろん他にも重要なことがあります。それ…

  3. 保育士に役立つ情報

    【新人保育士必見!】子供たちと「絵本」を楽しむ時に大切な5つのポイント!

    子どもは絵本が大好きです。絵本の世界に入りこみ、自分が主人公の…

  4. 保育士に役立つ情報

    【保育士】給料が安い…。と悩んでいるあなたにオススメの3つの解決方法!

    今何かと話題の職業保育士ですが、ニュースになっているように実は給料がそ…

  5. 保育士に役立つ情報

    【新人保育士は必ずみてください!】仕事が出来る保育士と出来ない保育士はここが違う!

    保育士になるからには、周りからも信頼され、子ども達からも好かれる保育士…

おすすめ壁面飾り

保育の人気記事

介護の人気記事

かんたん!カテゴリ検索

人気ブログランキングに参加中!

PAGE TOP