ベテラン保育士が教える!トイレトレーニングを成功させる3つのポイント!

保育施設ではもちろん、家庭で育児をしている人もたくさんの悩みに直面することがあると思います。

涙なしで育児は語れない、とある本で読んだことがありますが、まさにその通りで、人間を育てるというのは本当に大変なことですよね。

我が子と向き合っているお母さんお父さん、たくさんの子を預かって保育する保育士の皆さん、本当に毎日お疲れ様です!

さまざまな悩みがあると思いますが、中でも一度は通るであろうトイレトレーニング。

今回はトイトレのポイントをまとめてみました!

子どものやる気にタイミングを合わせる

保育施設に入所させていると、だいたい1歳半頃からトイレを意識させるよう保育していくところが多いです。

ただ、本人がトイレに興味を持ち怖がらない時に少しずつはじめてみるといいでしょう。2歳前後だと恐怖心や不安を抱く年齢でもありますから、一度トイレを怖がると、恐怖心が改善するまで時間がかかります。

まずは無理にトイトレを始めようとは考えず、本人のやる気が見られたらすすめてあげるようにしましょう。

短時間で切り上げること

まず、活動の節目でおむつが濡れていない時がチャンスです。トイレやおまるに誘ってみて、本人が座りたがれば進めます。

ここで必ず意識しなければいけないのは「短時間で切り上げる」ことです。長く座らせていてもダラダラしてしまい、子どもにとっても苦痛に感じてしまいます。

座る時間は長くても3分ほどでいいでしょう。たとえその直後におむつやパンツにおしっこが出ても、責める言葉や呆れたような言葉は絶対にかけず、優しく言葉がけをしましょう。

繰り返すことで必ず子どもなりのおしっこのサインを発信してくれるようになります。

成功したらとことん褒める!

トイレトレーニングをしている期間は子どももそわそわし不安定になりがちです。些細なことで心が折れてしまうなど、大人が思っている以上に頑張っています。

もし、少量でもトイレやおまるでおしっこやうんちが出たら、これでもかというくらいたくさん褒めてあげましょう!たくさん抱きしめて頭をなでて、笑顔と言葉のシャワーをたくさん浴びせてあげてください。

そうすることで、子どもは自信が付き次へと進んでいけるでしょう。

まとめ

子どもと関わる人は必ずトイレトレーニングの悩みと直面するでしょう。

少しでも子どもも大人も楽しく進めていくために、まずは無理強いしないことです。本人のペースに合わせて進めてあげましょう。

そして長時間トイレに座らせないようにして、もし成功したらたくさん褒めてあげてください。少しの自信が積み重なって、出来るようになっていきます。

短期間でおむつが外れる子もいれば、1年かかる子もいます。個人差があることですから、大人はあせらず関わってあげましょう。

 

保育ライター:うさママ
・元幼稚園教諭。現在は保育関係のライターとして活動中。2児の母。5年間保育園、7年間幼稚園で働いた経験あり。
保育や子育ての知識に自信あり。現在子育てで保育士は休業中。
・お仕事/保育ライター 趣味/子育て 最近気になる事/オートミール

関連記事

  1. 保育士に役立つ情報

    時間が無い!と感じている保育士さん必見の時間節約術4選!

    保育士の仕事は子どもと遊ぶだけと思われていることも多いですが、そのほか…

  2. 保育士に役立つ情報

    【必読!】園長や先輩保育士が新人保育士に望んでいる4つの事

    毎日まだ緊張しながら、子ども達や周りの先生と接して日々頑張っている新人…

  3. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士が教える!子どもたちを集める時に使える3つのテクニック!

    低年齢児は、じっとしていることがまだまだ難しいです。経験の浅い…

  4. 保育士に役立つ情報

    【男性保育士必見!】女性保育士と良好な関係を築くための3つのポイント!

    かつて保育士は「保母さん」と呼ばれていたことがあるように、女性のイメー…

  5. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士が教える!泣きながら登園してきた子供を保育する際の4つのポイント!

    入園当初は、初めての場所・大好きな保護者の方と離れ離れになるということ…

  6. 保育士に役立つ情報

    【必読!】保育士が覚えておかなければいけない「食育」に関する3つの事

    毎日の保育の中で、子ども達は沢山の経験をして成長していきます。保護者や…

おすすめ壁面飾り

保育の人気記事

介護の人気記事

かんたん!カテゴリ検索

人気ブログランキングに参加中!

PAGE TOP