保育士をやっていてよかった!と思った時トップ3をランキングで紹介します!

保育士不足や待機児童問題で、大変な面も報道されることが増えている保育士。薄給や時間外労働など、課題は確かにたくさんありながら保育士は日々子どもたちのためにとがんばっています。

そんな保育士は、たくさんのやりがいを感じられるからこそ仕事を続けていられるのです。今回は、そんな保育士のこの仕事を「やっていてよかった!」と思うときをご紹介地と!

第3位 子どもの成長を感じたとき

子どもたちのちょっとした成長でも、保育士にとってはとてもうれしい瞬間です。

たとえば、毎朝泣いていたのに笑顔で登園するようになった、お友だちに声をかけられるようになった、縄跳びができるようになった、など数え切れないくらいの成長が毎日あります。

そんな成長を子どもや保護者とともに喜び、共有しあうことは保育士としても非常にうれしいことでやりがいに繋がります。

第2位 卒園式・修了式

たくさんの年間行事がある中で、もっとも涙なしには見られないのが卒園式・修了式ではないでしょうか。保護者にとっても、保育士にとっても、一年間の総まとめの一大行事です。

まだ小さかった目の前の子どもたちの姿を思い出しながら、凛とした表情でひとまわり大きくなった成長に感動します。

保育士として、元気に立派に卒園・修了する姿を3月に見られるのは非常にうれしいことです。また、その感動を保護者と分かち合いともに成長を喜ぶことが、保育士の醍醐味のひとつでもあると思います。

第1位 子どもたちに「先生大好き!」と言ってもらえたとき

なにより保育士がうれしいのは、子どもたちと信頼関係を築けることです。はじめは泣いていたり、心を開かずにいた子どもたちも、毎日一緒にすごしていくと先生のことが次第に大好きになっていきます。

子どもたちは、様々な表現で「先生大好き」を伝えてくれます。そんな子どもたちの想いは保育士にたくさんの喜びを与えてくれるのです。

純粋なこどもたちは感じたままの感情を保育士にぶつけてくれるので、曇りのないまっすぐな大好きの気持ちは、保育士の悩みな苦悩を吹き飛ばすパワーがあります!

直接伝えてくれたり、大きくなると手紙を書いてくれたりします。そんな子どもたちの気持ちは保育士の頑張る糧になっていくのです。

まとめ

大変なことも多い保育士ですが、そのぶん喜びも非常に多い仕事です。子どもたちから貰えるうれしい気持ちは、毎日頑張ろうと思えるパワーが詰まっています。

子どもたちのちょっとした成長や、一年の締めくくりの卒園式・修了式、子どもからの「先生大好き!」は、特に保育士でよかった!と思わせてくれるポイントでしょう。

ぜひ、日々いろんな気持ちをこどもたちと分かち合ってたくさんの喜びを感じながら頑張っていきましょう!

 

保育ライター:うさママ
・元幼稚園教諭。現在は保育関係のライターとして活動中。2児の母。5年間保育園、7年間幼稚園で働いた経験あり。
保育や子育ての知識に自信あり。現在子育てで保育士は休業中。
・お仕事/保育ライター 趣味/子育て 最近気になる事/オートミール

関連記事

  1. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士が教える!子どもを「叱る」時のタイミングとポイントについて

    なるべくなら、叱らず優しい先生で居たいですよね。しかし、優しく…

  2. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士が教える!先輩に質問や相談する時に重要な3つのポイント!

    保育士として働く上で、楽しいことはもちろんたくさんありますが、他にも困…

  3. 保育士に役立つ情報

    【必読!】保育士を目指す人は必ず見てください!保育士に向いている人と向いていない人について

    保育士不足により大変な面も報道されている保育士ですが、いまだに将来なり…

  4. 保育士に役立つ情報

    【新人保育士必見!】6か月未満の子供の特徴と正しい保育のポイントをまとめました!

    生まれて数ヶ月のこの時期は急激な環境の変化に適応していき、著しい成長が…

  5. 保育士に役立つ情報

    【手遊び!】子どもたちが盛り上がる人気の手あそび5選!

    子どもたちは、手あそびが大好きです。子どもとのコミュニケーションとなっ…

おすすめ壁面飾り

保育の人気記事

介護の人気記事

かんたん!カテゴリ検索

人気ブログランキングに参加中!

PAGE TOP