ベテラン保育士が教える!上手に子どもをしかる2つのポイント!

朝から長いと夜まで子どもと共に過ごし、時には保護者よりも子どもが起きている間は長い時間を一緒に過ごす保育士。

これだけの時間を一緒に長く過ごしていると、毎日本当にいろんなことが起こります。

子ども達の成長や、友だち・保育士との信頼関係が築かれていく様子も見られ、保育士としてもやりがいを感じるところです。

そんな子どもと密な関係だからこそ、時には「しかる」ことも大切です。

しかり方や怒るとの違いがわからないという人必見!心に響くしかり方をまとめてみました。

「しかる」と「おこる」の違い

よく、しかるとおこるの違いがわからないという人がいます。一見同じようなものですから、違いを考えることも少ないかもしれません。

しかし、これらは同じように見えて別物で、特に保育士は意識して「しかる」を選ばなければいけません。

「おこる」というのは、イライラや腹が立つ気持ちを感情のままにぶつけることです。どこか子どもに対して負の感情が混ざってしまうことが多いでしょう。

それに比べて「しかる」は、なぜよくないのかを冷静に伝え、子どもに理解してもらうための手段です。

子どもがそれを悪いと認識し、次に繋げるためのステップが「しかる」なのです。

しかるときは簡潔にはっきり伝える

子どもに対してしかる時に、だらだら話しても肝心な意図が伝わらないことが多いです。

子どもに対しては、短くはっきり伝えてあげるようにしましょう。

そして、子どもの表情や言葉をしっかり観察し、子ども自身が理解できているのかを見極めるのもしかる上で大切なことです。

謝っても理解しているとは限らない

よく、しかった後に子どもに謝ることを促したり、子ども自身に謝り癖があって「ごめんね」をすることがあります。

しかし、反射的に謝ったとしても、それがなぜ悪かったのかはわからないままの子も実は多いです。繰り返し伝えていくしかありませんが、謝らせるのはそんなに重要ではないこともあります。

謝ればそれでいい、と子どもが勘違いしないよう、場を見極めるのも保育士の腕の見せ所です。

まとめ

「しかる」というのは、保育士も子どももとてもエネルギーを使います。

なかなか他人の子をしかるのは難しく、若手であればあるほど試行錯誤しながらしかり方を探しているのではないでしょうか。

「おこる」ではなく、子どもに理解してもらえるように「しかる」を意識すること、簡潔にはっきり伝えること、なんでも謝らせることはなるべく避けることを頭に入れて保育してみましょう。

きっと子ども達の心に伝わってくれると思いますよ。

 

保育ライター:うさママ
・元幼稚園教諭。現在は保育関係のライターとして活動中。2児の母。5年間保育園、7年間幼稚園で働いた経験あり。
保育や子育ての知識に自信あり。現在子育てで保育士は休業中。
・お仕事/保育ライター 趣味/子育て 最近気になる事/オートミール

関連記事

  1. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士が教える「指導計画」の書き方とポイントまとめ!

    子どもたちを保育するにあたって、必ず作成しなければいけないものが「指導…

  2. 保育士に役立つ情報

    【必読!】ベテラン保育士が教える1・2歳児の子供を保育する際の3つの注意点!

    保育施設には、だいたい0~5歳児までが入所しています。年齢ごと…

  3. 保育士に役立つ情報

    新人保育士必見!保育士経験者おすすめの簡単に作れて子供をよろこばせる4つの教材を紹介します!

    保育士は何でも屋さんといわれるほど、たくさんのことを子ども達に伝えてい…

  4. 保育士に役立つ情報

    【保育士に朗報!】子供同士がケンカに!簡単に解決する5つの方法を紹介します!

    毎日たくさんの子どもたちが登園し、共に一日を過ごす保育施設。そこでは、…

  5. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士が教える!男性保育士のメリットとかれらが抱える悩み

    ここ近年ではどんどん男性保育士が増え、保育現場でも活躍しています。…

  6. 保育士に役立つ情報

    子どもと仲良くなるための保育士の必殺技!「スキンシップ」のポイントをまとめました!

    乳幼児期の子どもは、言葉でのやりとりがまだまだ不十分なため、スキンシッ…

おすすめ壁面飾り

保育の人気記事

介護の人気記事

かんたん!カテゴリ検索

人気ブログランキングに参加中!

PAGE TOP