保育士になるには?保育士を目指すためにするべき3つの行動!

保育士になるためには、保育士資格を取得しなければなりません。
それはもちろんですが、そのほかに保育士を目指すためにするべきことを紹介します。

元気に挨拶をする習慣をつける

保育士は人相手のお仕事です。
まずは元気な挨拶を普段からできるようになりましょう。保護者に挨拶をするときに元気でハキハキした先生だと好印象です。

また、子どもと朝の挨拶を交わしたときに先生が元気だと子どもは安心して登園できますが、先生に元気がないと子どもはそれを感じ取り、不安になったり先生の心配をしたりする子どももいます。

自分が明るく元気の良い挨拶をすれば、挨拶された側も元気になり、より保護者や職員間の人間関係もスムーズになるので心がけてみましょう。

体力・筋力をつける

保育は体力勝負です!子どもは驚くほどパワフルです。身体全体で表現し、ぶつかってきます。
先生に体力がないと子どもの相手が辛くなりますし、子どもも先生と一緒にいても楽しくないと感じてしまいます。

また、体力がないと体調を崩しやすくなり欠勤しなければいけない場合も出てきます。あまりにその回数が多いと子どもは安心できる存在が園におらず不安となったり、保護者からも信頼されにくくなったりします。

体力をつけておくと、子どもと明るく関わることができ、楽しい毎日を送ることができますよ。

そして、筋力もつけておくとよいです。先生は子どもに何かあったときにすぐに駆け付けることができなければなりません。私の園では、先生が地面に座るというのは絶対に禁止です。

例えば、砂あそびをするとき子どもと一緒に座って遊びますが、すぐに立って動けるようにしておかなければいけないので地面にお尻は付けずに遊んでいます。

初めのころは、毎日筋肉痛でしたが慣れて筋力がついてくるとそれが当たり前となります。

園の方針や特色を下調べしておく

園によって方針や特色は様々です。自分がなりたい先生象をしっかりもち、自分が共感できる方針の園に勤めると向上心も高まります。

入社してみて、思った園の方針と違ったということも少なくありませんので、たくさんの園を調べておくことは大切です。
私の場合は、自主実習に何園も行きました。

その園の雰囲気や方針などを感じながら、勤めたい園を決めました。また、行きたい園が決まれば年賀状を書いたり、実習を何度もさせてもらったりし自分を売り込んでいきました。

まとめ

以上、保育士を目指すためにするべき3つの行動を紹介しました。
他にもいろいろあると思います。紹介したこと以外でも考え付いたことはやっておいて損はないです。自分でも考えてこれが必要だと思うことは積極的に行動にうつしていきましょう。

 

保育ライター:うさママ
・元幼稚園教諭。現在は保育関係のライターとして活動中。2児の母。5年間保育園、7年間幼稚園で働いた経験あり。
保育や子育ての知識に自信あり。現在子育てで保育士は休業中。
・お仕事/保育ライター 趣味/子育て 最近気になる事/オートミール

関連記事

  1. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士が教える「指導計画」の書き方とポイントまとめ!

    子どもたちを保育するにあたって、必ず作成しなければいけないものが「指導…

  2. 保育士に役立つ情報

    【手遊び!】子どもたちが盛り上がる人気の手あそび5選!

    子どもたちは、手あそびが大好きです。子どもとのコミュニケーションとなっ…

  3. 保育士に役立つ情報

    【厳選!】人間関係に疲れた保育士におすすめの書籍4選!

    保育士は常に人と関わるお仕事です。ですので、人間関係に疲れてしまうこと…

  4. 保育士に役立つ情報

    【必読!】保育士を目指す人は必ず見てください!保育士に向いている人と向いていない人について

    保育士不足により大変な面も報道されている保育士ですが、いまだに将来なり…

  5. 保育士に役立つ情報

    【必読!】現役保育士がおすすめする保育士試験に役立つ書籍5選!

    保育士試験に合格するために参考書やテキストはとても大切です。どれが良い…

  6. 保育士に役立つ情報

    【新人保育士は必ずみてください!】仕事が出来る保育士と出来ない保育士はここが違う!

    保育士になるからには、周りからも信頼され、子ども達からも好かれる保育士…

おすすめ壁面飾り

保育の人気記事

介護の人気記事

かんたん!カテゴリ検索

人気ブログランキングに参加中!

PAGE TOP