ベテラン保育士がこっそり教える!「赤ちゃんがえり」した子供を保育する際の4つのポイント!

お母さんが、二人目を妊娠したり、生まれたりすると上の子どもは赤ちゃん返りをすることがあります。

まだまだ甘えたい・・・お母さんを独り占めできていたのにできない・・・そんな寂しさやかまってほしい気持ちでいっぱいで起こることです。

赤ちゃんに手をとられるお母さんを見て、聞き分けたつもりでも、なかなか納得できないでいます。

そんな子どもの保育をする際のポイントをいくつか紹介します。

まずは受け止めましょう。

小さな子供にとって試練の時です。急に環境も変わり保護者の方はそのつもりでなくても、自分が1番ではなくなった気がして寂しさでいっぱいです。

スキンシップを多めにとっていきましょう。ひざの上にのせてぎゅっと抱きしめながらお話しするだけでも違います。

子どもの目を見て愛情いっぱいに包み込んであげましょう。

かまってほしい気持ちを受け止め、返答は具体的に。

おうちでかまってほしくてお母さんにアクションを起こしても、お母さんの「ちょっと待ってね」に何度もがっかりしている子が多いです。

この時期は本当に仕方がないです。その分、園ではなるべく関わってあげたいですよね。しかし、他にも子どもがいるのでどうしても「ちょっと待ってね」と言わなければいけないときもあります。

そんな時は具体的に伝えましょう。例えば、乳児のおむつ替えをしている時に「先生絵本読んで。」と言われた時には「その絵本、面白そうだね。

今、おむつ変えているから終わったら絵本一緒に読もうね。先生もその絵本、読みたいな。」といつその要求に答えられるのか伝えてあげましょう。

そうすることで、いつまで待てばよいか目安ができるため子どもも安心します。

保育者同士の連携を大切に。

どうしても、たくさんの子どもがいるので一人ではその子のフォローは難しいです。

職員会議などでその子の現状や様子、担任の見解を加えたうえで「配慮をよろしくお願いします」と伝えておきましょう。

職員一丸となってその子のフォローをしていきましょう。また、何か変わった様子などがあったときには自分に伝えてもらうようにお願いしておきましょう。

保護者との連絡も密にしましょう。

保護者も上の子ともっと関わりたい気持ちでいっぱいのはずです。

そんな保護者の気持ちを受け止め、園ではこんな様子でしたよ、安心できるようにこんなことをしていますなど伝え、保護者が安心できる配慮をすることも大切です。

又、園だけではフォローしきれない部分も出てきます。そんな時は保護者の気持ちを汲み取りながら、家での関わり方のアドバイスをしていきましょう。

家庭との連携が取れ、その子がより安定した気持ちで過ごせるようになります。

不安定な時期なため、予想もしない行動をすることもあります。とにかく、じっくりと見守り関わっていきましょう。発達は行き戻りしつつ自立へと向かっていきます。どんどん気持ちを受け止め安心させてあげましょう。

保育ライター:うさママ
・元幼稚園教諭。現在は保育関係のライターとして活動中。2児の母。5年間保育園、7年間幼稚園で働いた経験あり。
保育や子育ての知識に自信あり。現在子育てで保育士は休業中。
・お仕事/保育ライター 趣味/子育て 最近気になる事/オートミール

関連記事

  1. 保育士に役立つ情報

    【2017年版】秋にぴったりのパネルシアターベスト4を紹介します!

    秋の季節に合ったパネルシアターを子ども達に見せる事で、子ども達も季節を…

  2. 保育士に役立つ情報

    【新人保育士必読!】仕事の効率がアップするメモの取り方!

    保育士の仕事量はとても多く、常に時間や締め切りに追われることも多々あり…

  3. 保育士に役立つ情報

    【必読!】現役保育士がおすすめする保育士試験に役立つ書籍5選!

    保育士試験に合格するために参考書やテキストはとても大切です。どれが良い…

  4. 保育士に役立つ情報

    【新人保育士必見!】子供たちと「創作遊び」を楽しむ時に大切な4つのポイント!

    子どもは、発想力が豊かで、好奇心が旺盛ですよね。身体が発達し、…

  5. 保育士に役立つ情報

    ベテラン保育士が教える同僚とチームワークを強くするための4つのコツ!

    保育を毎日行うには、準備などはもちろん他にも重要なことがあります。それ…

おすすめ壁面飾り

保育の人気記事

介護の人気記事

かんたん!カテゴリ検索

人気ブログランキングに参加中!

PAGE TOP